トップページ > お申込みに関するQ&A

お申込みに関するQ&A

Q : 相談は予約しないといけませんか

A : 行政書士が外出している場合もありますので、事前のお電話か、お問い合わせフォームからご予約ください。

お電話の受付時間は、月~金8:30~17:30までです。受付時間外のご予約はお問い合わせフォームからお願いします。

 

Q : 平日は相談に行けないのですが
A :予めご予約いただければ、週末も対応いたしますので、ご安心ください。

 

Q : 相談したら、必ず依頼しないといけませんか
A :そんなことはありません。相談して、納得してから正式にご依頼ください。

 

Q : 正式依頼から、許可までの流れはどのようになりますか

A : ①必要書類をお知らせします

     ↓

  ②フルサポートプランのお客様については、当事務所で、書類作成代行プランのお客様については、ご自身で書類を集めていただきます

     ↓

  ③法務局へ申請

     ↓

  ④法務局の審査

     ↓

  ⑤法務局での面接

     ↓

  ⑥申請の許可 

 

Q : 出身がどこの国でも依頼できますか

A : はい、どちらの国の方でも、要件に合っていれば、許可申請は可能ですので、当事務所でサポートいたします。

ただし、一部書類に日本語訳が必要なものがありますが、当事務所で対応できない英語と中国語を除く言語については、翻訳会社に依頼しますので、実費が必要になることがあります。

 

Q : 依頼してから許可までどのくらいかかりますが

A : 約10か月から1年ぐらいかかります。

申請してから、勤務先が変わったなど、何か変更がありましたら、お知らせください。 

 

Q : 帰化申請は自分でもできると聞いたのですが、専門家に依頼したほうがいいですか

A : 自分でも申請できますが、慣れない書類を集めるのに時間がかかったり、法務局に何度も行く必要があります。法務局は、平日しか開いていませんので、そのたびに仕事を休むのは大変ではないでしょうか。

また、帰化申請は一度不許可になった場合、再申請で許可になることは非常に難しいので、十分が準備が必要です。ですので、専門家のサポートを受けたほうが良いと思います。

無料診断受付中

お客様の声

お客様の声

サイト運営者

サイト運営者