トップページ > 外国人配偶者を伴い帰国する場合

外国人配偶者を伴い帰国する場合

すでに海外で、外国人の配偶者と生活していたところ、なんらかの事情で、以後日本で生活をしたいと帰国される場合があります。

 

日本人は、入国のカウンターでパスポートを提出して、簡単な確認を終われば、日本に入国ができ、何年でも日本に住むことができますが、外国人の配偶者は、入国ができても、日本に住むためには、「在留資格」が必要です。

通常は、「日本人の配偶者」という資格になると思いますが、申請をして、許可を得なければ一緒に日本で生活ができません。

 

外国人と結婚すると、すぐに、その外国人配偶者に対して永住権が与えられる国もありますが、日本では、すぐに永住権が与えられることはありません。

 

永住権を取得しようとする場合、原則日本在留が10年以上あることが必要ですが、日本人の配偶者は、実体を伴った婚姻生活が3年以上継続し、かつ引き続き1年以上、日本に在留していることが条件となり、条件が軽減されています。

 

なお、日本人の配偶者の在留資格を取得するためには、生活できる収入があることを証明する必要があります。配偶者の扶養を受けるのであれば、配偶者が、扶養できるだけの生活能力があることを証明することになります。

無料診断受付中

お客様の声

お客様の声

サイト運営者

サイト運営者